海外(アジア)進出支援情報サイト - Oceanz(オーシャンズ)

新規登録 ログイン

Oceanzとは


Oceanzとは

Oceanzとは日系企業のアジア進出を支援する情報ポータルサイトです。


特徴

・アジアに特化
海外進出ニーズが高く、且つ弊社が海外拠点を持っていて、豊富且つ正確な情報が集約できるアジアに特化したコンテンツ構成となっています。

・マルチデバイス対応
今は主流となりつつある高まるスマートフォンニーズに対応すべく、B2B向けマッチングサイトでありながら、スマホアクセスであっても十分&正確な情報をお届けします。

・高度なマッチングの精度と検索機能
自社の海外進出経験から、とにかくマッチング精度と進出時に企業様によって使い勝⼿の良い検索軸を有しています。

・充実した企業情報
その他の類似サイトと比較してマッチングの精度を高めるため、掲載企業情報をとにかく充実化させています。また掲載企業様も思う存分会社情報を提供できます。



情報コンテンツ

・企業紹介
・国別基礎情報
・海外MA情報
・セミナー情報
・視察・ツアー情報
・メルマガ
・ニュース


メッセージ

外務省が実施した「海外在留邦人数・進出日系企業数の調査結果(平成29年度要約版)」によると、 海外に居住する邦人の数は133万8,477人と過去最多。日系企業の総数(拠点数)は,7万1,820拠点で過去最多を更新している状況です。日系企業、日本人の海外進出、並びにグローバル化も年々上昇傾向にあります。その中でも近年成長著しいアジアへの進出は年々加速しています。

その背景にはまずアジア諸国の急速な経済発展があげられます。過去20年以上に遡って経済成長率が1%台で推移している我が国とは対照的に、アジア諸国は軒並み高成長を維持し続けています。2010年以降成長が鈍化したといわれている中国でさえ、2016年で6.9%と未だに6%以上の成長率を維持しています。

加えて、アジア諸国の経済力が上がることにより、同地域への進出は生産地から消費市場へと変化を続けています。これにより、今まで日本国内のみが市場ととらえていた業界でも、新しい市場として進出するチャンスが次々に生まれています。さらにアジアへのアクセスは欧米、欧州始めほかの地域と比較しても圧倒的に近く、人や物の移動が容易であることも進出の障壁を大きく下げています。

このような背景から日系企業のアジア進出が増えている一方で、毎年約4割もの企業が撤退しているという厳しい現実もあります。事前調査不足、日本での成功体験に頼りすぎる、現地リソースを十分に活用できない、実態に合わせた意思決定が遅れるなど、理由は様々です。

この必ずしもうまくとは限らない環境の中で、弊社は2007年タイ、バンコク進出を皮切りに、自社独資で8つの国と地域での法人を設立し、海外売上構成比も日々上昇しています。またその過程においては決して成功ばかりではなく、いくつかの失敗や、大小様々な回り道も経験しています。

Oceanzでは当社のその経験や記憶から日系企業にとって必要な情報を過不足なく共有することで、日系企業の海外進出成功を手助けをしていきたいと考えております。