海外(アジア)進出支援情報サイト - Oceanz(オーシャンズ)

東京の3分の1程の面積の中に700万人が住む香港。
経済自体は1997年の中国返還後、一時的に伸び悩んだ時期が続いたものの、それでもなお一国二制度が維持されている事(返還後50年間の約束)、加えて本国中国の経済成長が好影響を与え、今なお同じポジションで香港として機能し続けています。
広東語と英語を公用語としているますが、返還後は中国の影響を受けて英語離れが進みその代わりに北京語を話す人が増加していて、今では第二言語としての利用率は北京語が英語を上回っています。
かつては世界最大の貿易港でしたが、規模でこそ上海や深センに超されてますが、今でもその規模と機能を維持しています。近隣にある中国華南エリアの最大都市広州、さらに目と鼻の先に大陸側の玄関口として発展した深センに対して物資を共有しつつ、消費地として香港側に人を呼び込むことで内需を拡大させています。
香港全体のGDPの80%をサービス産業が占める事からも、日本でで成功した飲食店、不動産始め、様々なサービス業での進出が目立ちます。
また、不動産価格が高いことでも知られており、進出、法人設立に際してはオフィスや住居のレンタルに関する相場情報は綿密に収集するのが良いでしょう。

香港の基礎情報

その他のコンテンツ
・法人設立するための必要書類・準備
・法人設立するための費用は?
・主要都市エリア別情報
・採用環境に関する情報(採用、賃金、労務問題)
・賃貸に関する情報(賃料、契約関係、営業許可等)

香港 - 支援企業検索

検索・抽出